小田急線「新百合ヶ丘駅」南口の歯医者

アコルデ歯科医院ACORDE DENTAL CLINIC

HOME

〒215-0021
神奈川県川崎市麻生区上麻生1-20-1
小田急アコルデ新百合ヶ丘 5F

044-952-1555

24時間受付WEB診療予約

専門知識で悩み解消

Blog

歯ぎしりで起こる口の中の症状と歯ぎしり用マウスピースと費用について

原因不明の歯の痛みや顎の痛みに悩まされたことはないでしょうか。数日のうちに消え、また何かのきっかけで繰り返される痛み。自分でもどこが痛いのかわからず、歯医者でも原因が特定されず心配になりますよね。

歯の痛みの原因には大きく分けて3つあります。虫歯によるもの、歯周病によるもの、そして歯ぎしりによるものです。場所が特定されない原因不明の痛みの多くは歯ぎしりが関係していることが多いのです。

歯ぎしりの原因は脳が興奮して起こることはわかっていますが、歯ぎしりを止める方法は根本的にはありません。そのため歯ぎしり用マウスピースで歯を守ったり、歯ぎしりを起こす筋肉を麻痺させることで対応します。

今回は歯ぎしりで起こる口の中の症状と歯ぎしり用マウスピースの作製方法についてお伝えします。

1.歯ぎしりで起こる口の症状

下記のような症状がある方は歯ぎしりが疑われます。歯医者で相談をしてみてください。

1−1.歯がしみる

歯ぎしりがある方は歯がしみることがあります。歯ぎしりによって歯の根元が削れたり下がったりすることで歯の神経が敏感になり冷たいもので歯がしみることがあります。主に奥歯がしみることが多いです。

1−2.歯が痛い

歯ぎしりによって長時間歯に負担がかかることで歯に痛みが出ることがあります。歯医者に行っても虫歯などは見つかりません。痛みは上下の歯に出ることが多いです。

1−3.噛むと痛い

歯ぎしりによって歯が揺さぶられると噛んだときに痛みや違和感を感じます。歯には歯根膜という、噛んだ時に硬いもの、軟らかいものなど判断する膜があります。歯ぎしりによりこの膜に強い力がかかり、噛んだ時の痛みとして感じます。

1-4.歯の根元が削れている

歯の根元が削れていたり、段差があることに気付いた方は歯ぎしりをしている可能性があります。歯ぎしりにより強い力が歯の根元に加わると応力が集中し、歯の根元がくさびのように削れていきます。

1-5.歯が短くなる

歯ぎしりによって歯の噛む面が削れてしまい、歯が短くなることがあります。前歯は歯がギザギザする部分が増えたり、歯が平らになっていく場合もあります。奥歯は歯の表面にあるエナメル質が削れ、歯の真ん中にある象牙質が見えてくることで歯が黄色く見えるようになります。

1−6.歯茎が下がる

歯ぎしりによって歯が揺さぶられ歯茎下がりが起こることがあります。歯が長く見えたり、知覚過敏などの症状を伴うことがあります。

1-7.詰め物がよく取れる

歯の詰め物や被せ物がよく取れる方は歯ぎしりをしているかも知れません。銀歯が取れる、セラミック が割れる、プラスチックの詰め物がとれる、といったことが起こりやすくなります。

1-8.歯が割れる

歯ぎしりによって歯の表面がかけたり、根元まで割れることがあります。歯の神経がある歯が割れると激痛が出ることがあります。治療は歯の神経を抜く治療を行いますが、割れかたによっては抜歯が必要になることがあります。

1-9.歯周病が改善しない

歯ぎしりによって歯が揺さぶられ、歯を支えている骨が溶けて歯周病になります。常に歯ぎしりによって歯が揺さぶられるため、歯周病が急激に進行しやすくなります。定期的に歯石を取り除くことと、マウスピースで歯を保護する必要があります。

1-10.顎が痛くなる

歯ぎしりによって顎の関節が強く圧迫されて痛くなります。顎関節は顎と頭をつなげている関節で、関節の間には関節円盤という軟骨が存在します。この関節円盤は顎をスムーズに動かす機能がありますが、歯ぎしりにより関節円盤が圧縮され、ずれたり、穴があいたりしていて、顎をスムーズに動かすことができなくなります。それで歯ぎしりによって顎関節症になり顎が痛くなったり、音がなったり、顎が開きにくくなったりします。

1-11.肩が凝る

歯ぎしりによって筋肉が緊張し、肩こりが出ます。歯ぎしりの間は無意識のうちに強い力で噛み締めます。その時、噛む力を出す筋肉は肩や首、頭の方まで繋がっており、その筋肉が緊張することによって肩や首筋が凝ったりします。

1-12.偏頭痛

歯ぎしりによって偏頭痛を起こすことがあります。歯ぎしりのとき動く筋肉の中には顎から頭の横まで繋がっている筋肉(側頭筋)があり、側頭筋が歯ぎしりによって緊張し、偏頭痛として現れます。

2.歯ぎしりのメカニズム

2−1.寝ている時の歯ぎしりは脳の異常

寝ている時の歯ぎしりは音を立てて歯をこすり合わせる「グラインディング(いわゆる歯ぎしり)」と、歯を擦らずに食いしばる「クレンチング(食いしばり)」があります。この寝ている時の歯ぎしりは脳の興奮によって起こるもので、眠りが浅い時間帯(ノンレム睡眠)に起こります。

2−2.歯ぎしりの原因は人によって違う

寝ている時の歯ぎしりの原因はストレス、遺伝、薬、飲酒、喫煙、生活習慣、病気など様々です。人によって歯ぎしりの原因が違います。そのため、歯ぎしりを治していくには原因として考えられることを一つ一つ取り除いていく必要があります。

3.日常生活における歯ぎしり対策

歯ぎしりは脳の興奮が原因で、眠りが浅い時間帯(ノンレム睡眠)に起こります。脳の興奮が起こる原因は一人一人違います。歯ぎしりを無くしていくには、眠りを浅くしている原因を取り除き、眠りの質を改善させる必要があります。

3−1.禁煙:ニコチンは神経を興奮させる

タバコに含まれるニコチンには神経を興奮させ、脳を覚醒する作用があり、深い眠りを妨げる効果があります。また、直接口の中に入るタバコは歯周病のリスクも高くなります。歯ぎしりと歯周病を悪化させるタバコは歯を失わせる危険度の高い因子です。禁煙外来等でニコチンの量を減らす必要があります。

3−2.寝る前の飲酒やカフェインは控える

飲酒から3時間ほど経つと体内で分解されたアルコール成分は交換神経を刺激する物質へと変わり、睡眠を妨げます。またカフェインも興奮作用があるため、不眠の原因となります。

3−3.ストレスを溜め込まない

歯ぎしりの原因すべてがストレスと言われることがありますが、実際ストレスで起こる歯ぎしりは10%程度です。ただし引越し、転職、入学などの環境の変化でストレスが大きくなると歯ぎしりが強くなることがあります。また、近親者が入院したり、亡くなったりするとストレスはかなり強くなり、歯が欠けたり、詰め物が取れたりと症状が出ることがあります。

ストレスや不安があるとなかなか寝付けなかったり、熟睡できないこともあります。不安が頭の中に残り深い睡眠を妨げます。ストレスを溜め込まないように発散することを心がけます。

4.歯ぎしり用マウスピース による対策

4−1.歯ぎしり用マウスピースの使用

寝ている時の歯ぎしりは噛む力をコントロールできないため、噛む力は自分の体重以上になることもあります。そのため歯ぎしりによって歯がすり減る、歯がしみる、歯が欠けるなど多くのトラブルが起こります。短期的には歯ぎしり用マウスピースで防ぐ必要があります。

歯ぎしり用マウスピースは基本的に夜寝ている間に使用します。日中食いしばりが気になる方は、日中も使用可能ですが、できるだけ起きている時は自分自身で食いしばりを意識して改善するようにします。起きている時の食いしばりは癖が原因なので、意識すれば改善できます。

4−2.歯医者で作る歯ぎしり用マウスピースの作製法と値段

歯ぎしり用マウスピースは歯医者で保険診療内で作成することができます。費用は3割負担の方で3,000円程度、その他に初診料や型取りの費用などがかかります。通常、上顎の歯型を取り、1、2週間程度で出来上がります。上顎にマウスピースが入ると気持ち悪くなってしまう方は、下の歯に合わせて作ることもできます。通常、1mm程度の厚みの物を使用しますが、マウスピースを使ってすぐに穴が開いてしまう方は、2mmなどより厚いものを使います。保険診療では6ヶ月を超えると新しいマウスピースを作ることが可能です。

4−3.マウスピース の使用法

  • 夜寝ているときに使います。違和感が強くて寝にくいときは日中1,2時間入れて慣れるようにします。
  • 2週間ほど使ってもらい、痛いところや違和感が強いところを調整します。
  • マウスピースは壊れないようにケースに入れておきます。ティッシュにくるんだり、そのまま置いておくと透明なためなくしてしまったり、捨てられてしまうからです。
  • 保険診療では半年以上たたなけれは作り直すことができません。大切に使用してください。

4−4.市販のマウスピースの危険性

市販のマウスピースは既成のマウスピー

スを熱湯などで柔らかくして、自分の歯型に合わせ固めるものです。マウスピースがしっかり歯型に合っていないと歯並びが悪くなってしまう場合があります。歯が動いてしまい歯並びや噛み合わせが悪くなってしまうと、元の状態に戻すには何十万円もかけて、歯列矯正をする必要があります。そのため市販のマウスピースは使わないようにしてください。

5.マウスピースの作用

5-1.歯や歯ぐきを歯ぎしりの力から守る

マウスピースは歯ぎしりから歯や歯ぐきに伝わる力を和らげ、直接歯に強い力が加わらないようにします。成人の噛む力は60kgに及びそれが毎日1時間近く歯や歯ぐきに加わることによって歯が削れたり、ゆれたりします。場合によっては歯が割れることもあります。この力をマウスピースを使うことによって分散し、歯や歯ぐきを守ってくれます。

5-2.顎の関節を歯ぎしりの力から守る

顎の関節には関節円盤という軟骨があり、この関節円盤がスムーズに動くことで顎の関節が動きます。歯ぎしりにより顎の関節に強い力がかかり続けるとこの関節円盤に穴が開いたり、変形したり、位置がずれたりして、痛みや音が鳴るようになります(顎関節症)。

マウスピースをお口の中に入れて噛むと歯と歯の間にマウスピース分のあごの関節にすき間が出来ます。このすき間は関節円盤にかかる負担を減らすことが出来ます。

5-3.歯ぎしりによる筋肉の緊張を和らげる

歯ぎしりの時に緊張している筋肉は口の周りだけでなく肩や頭などにも広がっていて、この緊張によって肩こりや偏頭痛が起こります。歯ぎしりは無意識のうちに1時間近く筋肉が緊張した状態が続き、筋肉が緊張した状態が続けば疲労がたまります。

マウスピースをお口の中に入れることによって、噛み合わせの高さが上がり、力の入りにくい位置に変わり、筋肉の緊張を和らげ、肩こりや偏頭痛をかるくします。

6.病気を改善して歯ぎしり対策

6−1.睡眠時無呼吸症候群やいびきの治療

睡眠時無呼吸症候群とは眠っている間に呼吸が止まったり、弱くなり体の中の酸素濃度が低下する病気です。 睡眠中に呼吸が止まったり、激しいいびきによって呼吸が乱れると眠りが浅くなり歯ぎしりが起こりやすくなります。睡眠時無呼吸症候群は歯ぎしりだけでなく日中の強い眠気や疲労感など体にも影響を及ぼす病気です。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠外来などで治療が必要です。CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)(経鼻的持続陽圧治療)や睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースで気道を確保し、体に酸素を取り込みやすくし、質の良い睡眠を確保します。睡眠時無呼吸症候群の原因は加齢、肥満、顎が小さい、副鼻腔炎、飲酒、高血圧、糖尿病などで気道が狭くなることによって起こります。

6−2.逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎とは胃や食道の機能が低下し、寝ている時に胃液が食道に逆流し、食道の粘膜に炎症を起こす病気です。睡眠中に胃液が食道に逆流すると、胸やけや喉の痛み、不快感によって睡眠が妨げられます。また、胃液の逆流によって起こる不快感を解消するために、歯ぎしりをして唾液腺を刺激し、無意識に唾液で洗い流して不快感を取り除きます。そのため歯ぎしりを改善するには逆流性食道炎の治療が必要になります。

6−3.精神疾患治療薬の変更

精神疾患治療薬の抗うつ剤である選択的セロトニン再吸収阻害薬が歯ぎしりを悪化させる可能性が指摘されています。

6−4.遺伝は変えられない

歯ぎしりを自覚する人の50%の血縁者に歯ぎしりが認められるという報告があります。また、二卵性双生児よりも一卵性双生児の方が二人とも自覚する頻度が高いこともわかっています。

7.歯ぎしりの最新治療

7−1.高血圧治療薬による治療

歯ぎしりする方に「クロニジン」という高血圧治療の薬剤で歯ぎしりを抑えることができたそうです。クロニジンは血圧を低下させ、興奮物質のノルアドレナリンを抑え、それによって歯ぎしりを減らす効果があると紹介されています。

7−2.ボトックス

ボトックスとはボツリヌス菌から出るタンパク質の一種で、美容外科などで行われるシワとりなどに使われる薬です。ボトックスを注射すると筋肉が緊張していない状態になります。
歯ぎしりで力の入る筋肉にボトックスを注射することによって、筋肉に力が入らず歯ぎしりを弱める効果があります。ボトックスの効果は3〜4か月程度で、自由診療の範囲となり、10〜15万円程度です。

7−3.バイブレーションスプリント

歯ぎしり用マウスピースに感圧フィルムを埋め込み、歯ぎしりを感知したら、振動刺激を与えるというシステムです。歯ぎしりを50%程度抑制できることが実証されたそうです。

8.よくある質問 Q&A

8−1.歯並びが悪いと歯ぎしりの原因になりますか?

歯並びが悪いことは歯ぎしりの原因にはなりません。
以前は噛み合わせが悪いことが歯ぎしりの原因とされてきましたが、噛み合わせと歯ぎしりは関係がないことがわかっています。歯が全くない総入れ歯の方でも歯ぎしりがあり、歯ぎしりが脳の興奮から起こるものとわかった今、噛み合わせが原因ではないと考えられています。

8−2.起きている時の食いしばりへの対策はありますか?

意識することが重要です。
起きている時の歯ぎしりは歯を食いしばるクレンチングと歯と歯を無意識に接触させている接触癖があります。通常上下の歯は安静空隙(あんせいくうげき)と言って2〜3mm程度の隙間があります。そのため上下の歯が接触している状態は異常な状態なのです。
起きている時の歯ぎしりは、寝ている時の歯ぎしりのように強い力が無制限にかかり続けることはありませんが、顎の関節や筋肉に影響は出ます。起きている時の歯ぎしりは意識的に注意をしていけば改善できる可能性があります。

8−3.子供の歯ぎしりはどうすればいいですか?

自然に治ってきます。
寝ている時の歯ぎしりは小児で10~20%、成人では約5~8%、高齢者で2~3%で、年齢とともに少なくなっていきます。子供の場合は成長するにつれて少なくなっていくことが多く、ほとんどの場合、経過を見るだけのことが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょいか。歯ぎしりはほっておくと歯や歯ぐきなどに強い力が加わり、徐々にそこが壊されていきます。原因はストレスとも言われますがはっきりとしたことはわかりません。

そのため現在ではマウスピースによって歯や歯ぐきを歯ぎしりの力から守る方法が選ばれています。歯ぎしりでお悩みの方は歯医者で一度相談してみてはいかがでしょうか。

PAGE
TOP